High Performance Micromixers

β型マイクロミキサー (highly efficient mixer)乱流型

大阪府立大学で研究者のオリジナルな着想から生まれたβ型ミキサーは、様々な特徴を有しています。まず、低い圧力損失で高効率な混合を行えること、そして、メンテナンスが容易な2分割構造であることです。

2006年に誕生してから、これまでに10年間以上のロングセラーとなってきました。マルチ混合による高い攪拌能力にもかかわらず、入手しやすい価格であり、まさにマイクロミキサーの標準ミキサーとなりつつあります。

β型ミキサーのもう一つの設計上の特徴としては、チャンネルサイズを変えたミキサーが比較的容易に製造できることが挙げられます。150ミクロンのβ150、100ミクロンのβ100、そして70ミクロンのβ70、を用いた実験を行えば、流径を小さくすると圧力損失が大きくなるT型ミキサーとは一線を画した高効率ミキサーにおけるチャンネルサイズによる反応情報を容易に得ることができます。耐酸性であるハステロイ製のβ型ミキサーも利用されており、マイクロリアクター研究に欠かせないツールです。

β型ミキサーの混合原理

β型マイクロミキサー (highly efficient mixer)乱流型

β型マイクロミキサー(液分割•対面衝突型混合)は現場の研究者と微細加工技術者の真摯な議論に導かれた着想から生まれました。​β型ミキサーは低い圧力損失で高効率なマルチチャンネルでの混合を行えることとメンテナンスが容易な分割構造であることが大きな特徴です。最小チャンネルサイズが150μのβ150 は2006年の誕生以来のロングセラーであり標準型マイクロミキサーといえます。現在では標準のステンレス製に加え耐酸性にすぐれたハステロイ製も選択できます。β型ミキサーの設計上の柔軟性からマイクロチャンネルのサイズ変更が可能であり、標準の150μのβ150に加え100μのβ100、そして70μのβ70もオーダー可能です。これらの比較実験を行えば高効率ミキサーにおけるチャンネルサイズによる反応情報を容易に得ることができます。​

 

α型マイクロミキサー(Type α, 3コセット, 対面衝突型混合)は優れた汎用型の​ステンレス製T字型ミキサーです。MiChSでは同一設計でチャンネルサイズを600,400,200μとしたT字型ミキサーをセットで販売しています。チャンネルサイズによる混合効果を調べることができます。標準のステンレス製に加え耐酸性にすぐれたハステロイ製も選択できます。​

なお2023年度より金属材料のコンタミを完全に回避可能となるPTFE製のα型マイクロミキサーの販売を開始しました。